どら焼き

【水天宮前】三原堂本店のどら焼きが旨い!どこか懐かしささえ覚えるほど絶妙な王道感

三原堂、どら焼き、断面

半蔵門線水天宮前駅にある三原堂本店は、初代三原田宗元により明治10年に水天宮様の門前で和菓子屋を創業したのが始まりです。

三原堂本店と水天宮の所以

水天宮様は江戸時代より安産、水難、火難、子供の守り神として崇められてきており、特に安産祈願に訪れる神社として非常に有名です。

三原堂本店、水天宮前、交差点

水天宮はもともと久留米藩主の有馬氏の私社であったため、五のつく日のみ一般参加が許されていました。

三原堂本店は五のつく日以外に訪れる人々のために水天宮様よりお許しを得て御守りをお分けしていたことから、現在、三原堂本店の「御守最中」は銘菓として受け継がれています。

三原堂本店、店舗

のぼりに「豆大福」と出ていたので豆大福を買おうと思ったのですが、最近豆大福を毎日のように食べているので、少し休憩。

豆大福は選ばず、どら焼きときんつばを購入することにしました。

どら焼き、三原堂本店

素直に「旨い!」と言える三原堂本店のどら焼き

正直、のぼりで豆大福と書いてあったので、ものすごく期待をしていたわけではなかったのが本音のところでしたが、良い意味で期待を大いに裏切られました。

このどら焼き、本当に美味しいです。

何が美味しいのかと言うと、その素朴さなのです。これぞ「ザ・どら焼き!」と言うほど、昔ながらの風味と食感で味わえる代物。

三原堂、どら焼き、水天宮

小豆は北海道産のエリモ種を使用しており、江東区森下にある自社工場ですべて生産。非常に丁寧に作られています。つぶ餡の粒がしっかり残っていて小豆の風味が最後まで消えません。あんこが甘すぎることはなく、かと言ってさっぱり控えめというわけではなく、あくまで王道のつぶ餡を正統に使用している様子です。

さらには、皮生地です。今流行のふわふわ系に流されることなく、あくまでどら焼きとしての皮のしっかりした歯ごたえのある適度なハードさ。しょうゆを使用しているため少し色が濃くティピカルなどら焼き色です。つぶ餡の厚みと皮生地の厚みが、ちょうど1対1対1となっており、見た目も非常にシンプルで美しいです。

三原堂、どら焼き、断面

ドストライクすぎるほどの絶妙な元祖感です。きっとドラえもんはこのどら焼きを食べているのではないかと思うくらいに、どら焼きの美味しさが見事に詰まっていて、その味と風味と食感に、どこか懐かしささえ覚えるほどのお品でした。

是非食べてみてほしいと素直に言えるどら焼きです!

 

◆information◆
三原堂本店
住所:東京都中央区日本橋人形町1-14-10
TEL:03-5391-0196

あんころ

投稿者の記事一覧

3度の飯より小豆大好き。

関連記事

  1. たねや栗子みちと栗紫草 【たねや】秋の栗菓子二選。たねや栗子みち(くりこみち)と栗紫草(…
  2. バターどらやき 【パンケーキみたい!?】無塩バターとバニラエッセンスが香る「あわ…
  3. チョコハートどら焼き、開封 バレンタインに普通のチョコは飽きた!そんな人にはハート型のチョコ…
  4. とらまる ぱんどら やわらかあんこにマーガリンのしょっぱさ。菓子処とらまるの「ぱんど…
  5. 黒豆大福。清水六蔵商店、半分 清澄白河にある清水六蔵商店の大福を発見!餅の柔らかさにほっぺがお…
  6. ブランデーどら焼き スイートチョコレートとブランデーと北海道産小豆の絶妙ハーモニー~…
  7. 栗入りきんつば、三原堂本店、kintsuba 人形町にある三原堂本店の栗入りきんつば。小豆と栗のバランスが絶妙…
  8. ジャージークリーム大福、テーブル 上島珈琲のジャージークリーム大福がとろんと甘えたくなる超絶ミルキ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

和菓子関連の記事

  1. おだんご先生、手作り和菓子教室、親子
  2. 神馬屋、こしあんどら焼き、半分
  3. ノメル、nomel、和菓子、マリアージュ
  4. 薫風、レモンどら焼き
  5. 梅どら焼き、するが、一粒、丸ごと、種入り
PAGE TOP