和菓子

菓匠花見の代表作「白鷺宝」の至高の口どけを堪能

白鷺宝、全体

埼玉県さいたま市浦和にある「菓匠 花見」の代表作「白鷺宝」を頂きました^^

菓匠 花見、洗練された工芸菓子技術と多彩な商品アイデアの魅力

花見は、大正元年創業の老舗和菓子店であり、卓越した工芸菓子技術をもつ和菓子職人たちが腕をふるう名店です。中には和菓子職人の認定制度「選・和菓子職」にて「優秀和菓子職」に認定された職人さんがいらっしゃるなど、その技術は埼玉でも指折り。埼玉県以外では東京の日本橋三越や東武池袋などにお店をかまえ、ショーケースに並ぶ上生菓子は芸術そのものです。また単純に定番商品を作るだけでなく、季節ごとに商品の色合いや造りを変えたり、コーヒーや紅茶など、洋菓子風の素材を使うなど、とても多彩なラインナップを年中楽しませてくれるお店でもあります。

代表作「白鷺宝」を頂きました

そんな菓匠 花見の代表作「白鷺宝(はくろほう)」を今回頂くことができましたので紹介したいと思います。

白鷺宝、パッケージ

白鷺宝は、花見の二代目が、国の特別天然記念物だった野田の鷺山(のだのさぎやま)の水辺にたたずむ白鷺(しらさぎ)の華麗な姿に魅せられ、そこから誕生したお菓子です。今日現在においては、全9種類があり、もっともベーシックなものは黄味餡にミルク風味のコーティングをしたもので、まん丸で白いその見た目は白鷺の卵を模して作られています。

他にも黄身餡にコーヒーを入れた「かふぇ」や黒胡麻餡を入れた「ごま」、あんず餡とミルクで仕上げた「あんず」、さらには黄身餡に塩こんぶを使用した「よろこぶ」という商品などもあります。

今回、頂いたのは、ベーシックな「白鷺宝」(左)と、小豆こし餡・すり蜜を使用した「玉しずく」(右)の2つ。白鷺の翼をイメージさせるような銀の包み紙を巾着型になるようにかわいく包んであります。包みを開けてみると

白鷺宝、包み

まん丸でかわいい白い玉が出てきます(*^-^)

さわってみると見事につるつるで、キレイにコーティングされています。

白鷺宝、全体

中はこのようになっていますよ。

白鷺宝、半分、中身

キメ細やかな餡とコーティングの絶妙な口どけ

まず写真右側のベーシックな白鷺宝を頂きました。とても濃厚な黄身餡にミルク風味がしっかりとついていて、なんとも優しい味です。そして口に入れた瞬間に周りのコーティングがまるで粉雪のように口の中です~っと自然に溶けていきます。黄身餡と一体になっていつの間にか口の中でなくなってしまうほど、繊細で上品な味わいです。

玉しずくのほうも食べてみました。こちらもまた口どけがたまらなく自然で吸い込まれていくような感覚。小豆こし餡がとてもキメ細やかでコーティングの砂糖と一緒に混ざり合って最後には小豆の風味がふわっと残ってゆきます。外側部分の糖度は高いように感じましたが、この口どけの良さが、甘さを全然気にさせることなく、逆に爽快感を覚えるほどです。包みにも書いてあったのですが、冷蔵庫で冷やして食べるとなお美味しいです。

なんとも情緒あふれる和菓子だこと、本当に、まるで白鷺が水辺でふと羽を休め、そしていつのまにか音もなく飛び立ち姿を消していくかのような情景を口の中で感じることができる、まさに芸術的な逸品でした。

◆information◆
菓匠 花見
住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂1-6-10
TEL:048-822-2573

あんころ

投稿者の記事一覧

3度の飯より小豆大好き。

関連記事

  1. とらやき、虎家喜、食べる 玉英堂の虎家喜(とらやき)は大納言の食感とふかふか生地が旨い秘伝…
  2. 東饅頭、胡桃、小倉あん、中身 虎ノ門ヒルズすぐの岡埜栄泉本店。東饅頭の小倉あんと合う胡桃が香ば…
  3. 喜多家 小倉初宿どらやき 【喜多家】ふわっふわ♪小倉初宿どらやきを食べました
  4. 鶴屋八幡 さつま大納言 丹波大納言小豆使用 【鶴屋八幡】丹波大納言小豆使用のさつま大納言
  5. 玉英堂、玉饅、玉万、断面 人形町、玉英堂の玉饅が春らしい色合いで気分うきうき♪もっちり食感…
  6. お茶、つぶあん 【閲覧注意】あんこ挟み過ぎのびっくりどら焼き「どどらー」 …
  7. 亀十 最中 黒あん 浅草 雷門 【亀十】最中でわかった浅草老舗の底力
  8. たねや どら焼き 東横のれん街 【たねや】瑞々しく素朴な絶品どら焼き

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

和菓子関連の記事

  1. 一福百果、清光堂
  2. おだんご先生、手作り和菓子教室、親子
  3. 神馬屋、こしあんどら焼き、半分
  4. ノメル、nomel、和菓子、マリアージュ
  5. 薫風、レモンどら焼き
PAGE TOP