和菓子

千鳥屋総本家が作る桂皮末(シナモン)風味の大手亡饅頭「隅田川」がクセになる味

千鳥屋総本家、隅田川、アップ

前回、千鳥屋総本家の冠商品「千鳥饅頭」を紹介しました。

※前回記事→【千鳥屋総本家】美しすぎる!まるで雪の結晶のような千鳥饅頭の餡

千鳥屋総本家はさすが400年近くの歴史ある老舗和菓子店。他にも職人の技がぎっしり詰まった繊細なお菓子が数多くあります。

中でも、筆者のイチオシは「隅田川」という饅頭。

千鳥屋総本家、隅田川

千鳥屋総本家の伝統’’カステラ生地’’が絶妙の食感

前回記事の千鳥饅頭でも紹介しましたが、なんと言っても千鳥屋総本家の饅頭の魅力は、まずはその皮にあります。饅頭の皮に使われているカステラ生地はちょうどいい食べ応えのある弾力性と柔らかさを兼ね備えています。ふわもちと一言で言い切りたいのですが、一般的なもちもち感だったりふわふわ感ではなく、とにかく千鳥屋総本家にしかないこの絶妙な饅頭の皮は食べた人にしか正直わかりません。何度でも食べたくなるような絶妙の食感です。

隅田川、シナモン、生地

桂皮末と黄身あんのコラボレーションに技あり

まわりにふられた粉糖がすっきりした甘さを演出し、そこに桂皮末をあしらえてあるのも特徴です。桂皮末とはシナモンの木の樹皮を粉末にしたものです。京都銘菓の八ツ橋に使われていることでも有名ですね。

そして千鳥屋総本家のもうひとつの伝統技!中に入る黄身あんです。さっぱりとした甘みに口どけの良さは一級品。ルーペなどで拡大してみると餡の微粒子が細かくキラキラと光ります。まるでダイヤモンドダストのように美しく、長年の職人の技が400年近くもの間、忠実に守られ受け継がれていることが体感できます。

隅田川、黄身あん、千鳥屋総本家

この黄身あんの口どけの良さを桂皮末がさらにサッパリと自然な雰囲気に引き立て、隅田川の独特の味わいを完成させているのですね。

口の中で甘みが全くもたつかないので、夏のこの時期にでも美味しく食べられる饅頭です。アイスティーなんかにも合うのではないでしょうか^^

 

◆information◆
千鳥屋総本家 駒込本店
住所:東京都豊島区駒込3-3-19
TEL:03-3915-0882
WEB:http://chidoriya.com/

あんころ

投稿者の記事一覧

3度の飯より小豆大好き。

関連記事

  1. 両国 とし田 黒糖どら焼き 【両国とし田】店主の人柄が見え隠れする丁寧極まる焼き上がりの黒糖…
  2. ころんとまあるい「緋毬」の新しいどら焼き「どら巻き」はお茶菓子に…
  3. 半分 2017年バレンタインはチョコ以外に、ハートの形をしたどら焼きは…
  4. 千鳥饅頭、千鳥屋総本家 【千鳥屋総本家】美しすぎる!まるで雪の結晶のような千鳥饅頭の餡
  5. 豆大福、半分 東京の泉岳寺「松島屋」の豆大福がうわさ以上に絶品級で美味しかった…
  6. 和菓子村上 きんつば 【和菓子村上】創業明治40年。金沢発のきんつば
  7. 薬膳きんつばって何だ!?薬の国「富山県」ならではの名物和菓子
  8. 金沢 和菓子村上 黒糖ふくさ餅 【和菓子村上】創業明治40年。金沢発の黒糖ふくさ餅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

和菓子関連の記事

  1. おだんご先生、手作り和菓子教室、親子
  2. 神馬屋、こしあんどら焼き、半分
  3. ノメル、nomel、和菓子、マリアージュ
  4. 薫風、レモンどら焼き
  5. 梅どら焼き、するが、一粒、丸ごと、種入り
PAGE TOP