和菓子

【会津葵】カステラに餡子の大胆発想。かすてあん

【会津葵】カステラに餡子の大胆発想。かすてあん

所用で訪れた日本橋でぶらりと立ち寄った日本橋高島屋。

なにやら物産展が開催中のようで、早速小豆アンテナを立てる(笑)

ありました、面白そうなものが!

会津葵 物産展

会津葵さんという和菓子屋さん。はじめて聞く名前でしたが、それもそのはず、会津若松の和菓子屋さんでした。

これはこの機会を逃す手は無い!と目に付いたのが『かすてあん』なるもの。

かすてあん。まさか・・カステラに餡!?

会津若松の不思議な上菓子司、会津葵

カステラといえば、真っ先に思いつくのが長崎。では何故会津若松でカステラ!?

歴史を紐解くと、キリシタン大名蒲生氏郷と、会津人参の貿易を一手に引き受けていた長崎の豪商足立仁十郎により、会津に南蛮文化がもたらされたらしいです。

そして、和菓子文化と南蛮のカステラが出会い、不思議な和菓子(洋菓子?笑)かすてあんが生まれたのです。

かすてあんのお味は?

1962年には、科学技術庁長官より、創意工夫功労賞を受賞したかすてあん。

さてさて、早速実食!

会津葵 かすてあんパッケージ
今回購入したのは2個入りパッケージ。

会津葵 かすてあん個包装パッケージ
開封すると、個包装されていました。

会津葵 かすてあん表面
かすてあんの表面には印鑑に使われる篆書体(てんしょたい)のような文字が。残念ながら読めませんでした。

会津葵 かすてあん 質感
そして、この質感。確かにカステラっぽい。

会津葵 かすてあん こしあん

そして、お味は・・・

確かに、カステラとあんこ、なのだが、カステラが思ったほどカステラしてない。もっとねっちょりしたものを期待していたのだが(なんなら裏面のザラメも期待していたのだが)、カステラはカステラでもねっちょり感が少ない蒸しパンに近い食感のほうのカステラでした。

あんこはこしあんで甘さもちょうどよく、トータル的には美味しかったのですが、ねっちょりカステラと餡子の融合に期待が高まり過ぎて、少々肩透かしを食らった感じでした。

是非ともねっちょりカステラのかすてあんも作ってほしいな~。

◆Information◆
上菓子司會津葵
住所:福島県会津若松市追手町4-18
TEL:0242-26-5555

おぐさん

投稿者の記事一覧

小豆、あんこをこよなく愛する40代男子。つぶあん派。

関連記事

  1. 亀十、どら焼き、三社祭 【浅草三社祭】亀十のどら焼きはまるでシフォンケーキのような独特な…
  2. 四国銘菓 ハタダ栗タルト 【畑田本舗】四国銘菓 ハタダ栗タルト
  3. 焼き立て、出来立て、生クリームどら焼き、アップ 【ほっかほか】焼きたてどら焼きが食べられるグランエミオ大泉学園「…
  4. 四国どら焼き 五大焼き あずき 【畑田本舗】四国どら焼き 五大焼き あずき
  5. おだんご先生、手作り和菓子教室、親子 新座のベーグルカフェ輪粉(わこ)で開催!おだんご先生の食育和菓子…
  6. 塩豆大福、ショーケース 天使の頬っぺた級の塩豆大福を食べ比べ。爾比久良(にいくら)で有名…
  7. こだわりどら焼き、陳列 【天平庵~渋谷ヒカリエ】奈良桜井市発の「こだわりどらやき」こと朝…
  8. 亀十 最中 黒あん 浅草 雷門 【亀十】最中でわかった浅草老舗の底力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

和菓子関連の記事

  1. 一福百果、清光堂
  2. おだんご先生、手作り和菓子教室、親子
  3. 神馬屋、こしあんどら焼き、半分
  4. ノメル、nomel、和菓子、マリアージュ
  5. 薫風、レモンどら焼き
PAGE TOP